ハリウッドでカルト的人気を誇る“原作:日本”のR-18禁アニメ、衝撃の映画化!
インディア・アイズリー,サミュエル・L・ジャクソン,カラン・マッコーリフ

カイト/KITE

美しく、幼い、復讐者
少女たちが性の奴隷として売買される近未来。両親を殺され、暗殺者と化した少女の復讐に終わりは来るのか―
R15
大ヒット公開中

INTRODUCTION

ハリウッドでカルト的人気を誇る日本発R-18禁アニメ、衝撃の実写化!『オール・ユー・ニード・イズ・キル』に続く、“原作:日本”の近未来SFアクション!

日本で生まれたR-18指定のアニメ作品が、ハリウッドの映画人たちを虜にした――。 そのアニメの名は「A KITE」。1998年に梅津泰臣が手掛けたこのアニメは、性と暴力の過激な描写に加え、独創的なアクションをスタイリッシュな映像で描き、日本国内に留まらずハリウッドをも席巻!あのクエンティン・タランティーノ、ロブ・コーエン(『トリプルX』『ワイルド・スピード』)、デヴィッド・R・エリス(『スネーク・フライト』『ファイナル・デッドサーキット 3D』)を熱狂させ、世界中の映画監督・クリエイターたちの心を鷲掴みにした。
そしてこの伝説的カルトアニメが、遂に実写映画化!少女たちが売買される近未来を舞台に、両親を殺され、暗殺者と化した少女の壮絶な復讐を描く本作の主演には、往年の名女優オリビア・ハッセー(『ロミオとジュリエット』)の娘で、2014年版「世界で最も美しい顔100人」で第12位に選ばれたインディア・アイズリーが抜擢。さらにハリウッドきっての“怪優”サミュエル・L・ジャクソン、『華麗なるギャッツビー』の期待の若手俳優カラン・マッコーリフが共演し、数々の大物ミュージシャンのミュージックビデオを手掛けてきたラルフ・ジマン監督が出身地である南アフリカで全篇ロケを慣行。原作の基本的要素を活かしつつ、主人公サワの苦悩・葛藤により深く切り込み、オリジナルの結末を加えた本作。ここに、新たなる近未来SFアクションの金字塔が誕生した!

往年の名女優オリビア・ハッセーの娘と、ハリウッドきっての“怪優”が共演!

傷だらけの暗殺少女サワを演じるのは、往年の名女優オリビア・ハッセーの娘であるインディア・アイズリー。製作陣に「サワを演じるのは彼女しかいない」と言わしめた存在感と演技力で、激しいアクションのみならず、繊細な心理描写も豊かに表現。肉体も精神もボロボロになりながら次々と復讐を遂げていく圧巻の演技を見せつけ、誰も見たことのない新しいヒロイン像を創り上げた。
そのサワを暗殺者に育て、陰から支える刑事アカイを演じるのは、サミュエル・L・ジャクソン。当初、友人であるデヴィッド・R・エリス監督と共に実写化を進めていたが、彼の急逝を伴い、その意思を引き継いで映画完成に貢献。その圧倒的存在感で、本作に威厳を加えている。

クエンティン・タランティーノ、ロブ・コーエン、 そしてデヴィッド・R・エリス ハリウッドの監督たちを熱狂させた、伝説のアニメ「A KITE」

1998年に製作されたアニメ「A KITE」はアダルトアニメにも関わらず、そのアクションの独創性と個性豊かなキャラクター、情感に溢れる物語で早くから業界関係者の注目を集め、海外リリースと同時にハリウッドで話題に。あのクエンティン・タランティーノがファンを公言している他、『トリプルX』のプロモーションで来日したロブ・コーエンが記者会見で好きな日本映画を聞かれて「A KITE」と回答したほど。そして2011年、同じくファンと表明していたデヴィッド・R・エリスにより実写映画化が決定。
しかし13年、彼は撮影準備中に南アフリカで急逝してしまう。監督の後任を託されたラルフ・ジマンを中心に、キャスト・スタッフが想いを一つにして映画は完成。遂に世界中のファンが待ち焦がれた実写版が誕生した。尚、本作はデヴィッド・R・エリスへ捧げられている。

STORY

少女たちが誘拐され、性の奴隷として売買される荒廃した近未来 血塗られた美しき幼い暗殺者の復讐に、終わりは来るのか――

金融危機により崩壊した近未来。そこでは少女たちが人身売買組織に性の奴隷として売りさばかれていた。その中のひとりで、幼くして組織に両親を殺されたサワは、父の親友であり相棒だった刑事アカイに、暗殺者として育てられる。彼女の目的は、両親の仇である人身売買組織への復讐。娼婦に成りすまし、一人、また一人と男たちを暗殺していくサワと、犯行現場の証拠隠滅を繰り返すアカイ。そして、サワの言動を影から監視する謎の少年オブリ。精神バランスを保つための薬“アンプ”の副作用で記憶が消えかかりながらも、サワは真の標的である組織のボス、エミールへと近づいていく。 しかし、心も体も傷だらけになった彼女を待ち受けていたのは、予想を裏切る残酷な真実だった・・・。

CAST

サミュエル・L・ジャクソン:カール・アカイ インディア・アイズリー:サワ カラン・マッコーリフ:オブリ スタッフ
サミュエル・L・ジャクソン:カール・アカイ
サミュエル・L・ジャクソン:カール・アカイ

 1980年代より数多くの映画に参加し、『星の王子ニューヨークへ行く』(88)、『ドゥ・ザ・ライト・シング』『シー・オブ・ラブ』(共に89)、『グッドフェローズ』(90)、『パトリオット・ゲーム』(92)、『トゥルー・ロマンス』(93)、『ダイ・ハード3』(95)、『評決のとき』『ロング・キス・グッドナイト』(共に96)、『レッド・バイオリン』『交渉人』(共に98)、『ディープ・ブルー』『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』(共に99)、『アンブレイカブル』(00)、『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』『トリプルX』(共に02)、『S.W.A.T.』(03)、『Mr.インクレディブル』(04/声の出演)、『コーチ・カーター』『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(共に05)、『スネーク・フライト』(06)、『ジャンパー』『アイアンマン』(共に08)、『アイアンマン2』(10)、『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』(11)、『アベンジャーズ』『ジャンゴ 繋がれざる者』(共に12)等の話題作へ数多く出演。
91年、スパイク・リー監督作『ジャングル・フィーバー』でカンヌ国際映画祭とニューヨーク映画批評家協会賞の最優秀助演男優賞を受賞。94年、クエンティン・タランティーノ監督作『パルプ・フィクション』でアカデミー賞とゴールデングローブ賞の助演男優賞部門にノミネート。97年には、クエンティン・タランティーノ監督作と2度目のタッグを組んだ『ジャッキー・ブラウン』でベルリン映画祭のコメディ部門最優秀男優賞として銀熊賞を受賞。

インディア・アイズリー:サワ
インディア・アイズリー:サワ

1993年10月29日生まれ。ロサンゼルス出身。『ロミオとジュリエット』(68)でジュリエットを演じた女優オリヴィア・ハッセーと、ミュージシャン/俳優のデヴィッド・グレン・アイズリーの娘。
幼少期から演技への情熱に目覚め、TVシリーズ「アメリカン・ティーンエイジャー ~エイミーの秘密~」(08~13)に出演、注目を集める。ケイト・ベッキンセール主演の映画『アンダーワールド 覚醒』(12)にも出演し、続編への参加も決定。
2014年版「世界で最も美しい顔100人」で第12位に選ばれた、ミステリアスな美しさが際立つ、新世代のハリウッド・ミューズ。

カラン・マッコーリフ:オブリ
カラン・マッコーリフ:オブリ

1995年1月24日生まれ。オーストラリア出身。10年、ロブ・ライナー監督作『Flipped』(日本未公開)の主人公を演じ、アメリカ映画デビューを果たす。
スティーヴン・スピルバーグとマイケル・ベイが製作を務めたドリームワークス作品『アイ・アム・ナンバー4』(11)に出演した後、バズ・ラーマン監督作『華麗なるギャツビー』(12)でレオナルド・ディカプリオ演じる“ジェイ・ギャツビー”の若い頃を演じ、注目を集める。
オーストラリア版「GQ」誌では、2012年メン・オブ・ザ・イヤーの“その年のブレイクスルー”賞を受賞。同じくオーストラリア版「ハーパーズ バザー」誌では“ハリウッドの次世代スター 6人”の一人として紹介されるなど、今後の活躍がもっとも期待される若手俳優。

監督:ラルフ・ジマン

 1963年生まれ。南アフリカ出身。ニュースやドキュメンタリーのカメラマンとして活躍後、1980年代前半に渡英。オジー・オズボーン、エルトン・ジョン、フェイス・ノー・モア、ヴァネッサ・ウィリアムズ、トニー・ブラクストン、ロッド・スチュワート、マイケル・ジャクソン、シャナイア・トゥエイン、リック・ジェームス、アイアン・メイデン、マキシ・プリースト、BAD、ファイン・ヤング・カニバルズ、ドナ・サマー、リヴィング・カラー、コモドアーズ、アリス・クーパー、マンゴ・グルーブ、シカゴなどのミュージックビデオを監督し、オリジナリティあふれる映像で称賛を浴び、MTV賞を数多く受賞。
95年、アパルトヘイトの終焉を描いた『Hearts and Minds』で長編映画監督デビュー。脚本と製作も担当した本作は、ベルリンとモントリオールの両国際映画祭で上映され、高い評価を得る。 監督第2作目は、サム・ニール主演作『The Zookeeper』(01)。東ヨーロッパを舞台に、内戦に陥り厳しい冬を迎える街に残り、動物たちの世話をする孤独な動物園の飼育係を描いた本作は、タオス・トーキー映画祭で最優秀作品賞、フォートローダーデール国際映画祭で最優秀作品賞および最優秀男優賞、ペンサコーラ・ベイ国際映画祭で最優秀作品賞に輝いた。
続く『Gangster’s Paradise: Jerusalema』(08)はベルリン国際映画祭で上映されて称賛を浴び、アカデミー賞最優秀外国語映画賞部門へのノミネート候補作になった。
本作『カイト/KITE』は長編映画として監督4作目となる。

監督:製作:アナント・シン

 『輝きの大地』(95)、南アフリカの映画としてアカデミー賞最優秀外国語映画賞に初めてノミネートされた『Yesterday』(04)、『マンデラ 自由への長い道』(13)など、南アフリカで反アパルトヘイト映画の製作を数多く担当。ネルソン・マンデラから「自由への長い道 ネルソン・マンデラ自伝」(日本放送出版協会版)の映画化権を供与された際、「私が非常に尊敬しているプロデューサー。途方もない才能を備えた男だ」と褒め称えられた。

脚本&製作:ブライアン・コックス

 ツイ・ハーク監督作『蜀山奇傳・天空の剣』(83)、キム・テギュン監督作『火山高』(01)など製作総指揮を務め、近年はプロデューサー兼脚本家として、黒沢清監督の『回路』のリメイク版『パルス』(06)や、中田秀夫監督の『女優霊』のリメイク版『THE JOYUREI 女優霊』(09)を手掛ける。現在は日本映画『隣人13号』のリメイク版を企画中。

撮影:ランス・ギューワー

 28年のキャリアがあり、数々の受賞歴を持つ撮影監督。近年の代表作は、南アフリカ映画として初めてアカデミー賞最優秀外国語作品賞に輝いた『ツォツィ』(05)など。

衣装:ルイ・フィリップ

 南アフリカを代表する国際的な衣装デザイナー。00年、カナダのジェミニ賞最優秀衣装デザイン賞を受賞。近年の代表作は『ホテル・ルワンダ』(04)、『マンデラ 自由への長い道』(13)など。

ヘア&メーキャップ:メグ・タナー

 これまでクリント・イーストウッド、マーク・フォスター、アンソニー・ミンゲラなどの監督作に携わり、近年の代表作は『クロニクル』『ジャッジ・ドレッド』(共に12)、『マンデラ 自由への長い道』(13)など。

PRODUCTION NOTE

【衝動】企画から製作まで 【変革】アニメを実写に
【衝動】企画から製作まで

 梅津泰臣のアニメ「A KITE」が東京のエージェント経由で、プロデューサーであるアナント・シンの配給会社ディスタント・ホライゾンに届いたのは13年前のこと。製作のブライアン・コックスは、「アナントと僕がそのアニメを観て、そのグラフィックの暴力性と露骨なセックスシーンに驚いた。あんな性的な要素を映像に含めることは僕たちには決してできない。でもアクションに独創性があり、それが僕たちの目を引き、それを映像化すれば、とても面白い映画になるのではないかと考えた」と当時を振り返る。
 「正気の沙汰ではないかもしれない」と思いながらも、シンは梅津泰臣から実写版リメイクの権利を取得。コックスと共に3年かけて企画を進めた後、撮影へ入る。2011年、デヴィッド・R・エリスが監督することになり、『スネーク・フライト』(06)など多くの映画でチームを組んできたサミュエル・L・ジャクソンの出演が決定したが、プリプロダクションに入って数週間後にエリスがロケ地となる南アフリカで急死。急遽、ラルフ・ジマンが監督の座を引き継ぎ、エリスに敬意を表してこの映画に全身全霊を捧げることになった。そして、ジャクソンもエリスへの友情の証として出演継続を決意する。
 「梅津氏は自分のアニメから実写映画を作るという我々の考えにとても熱心で、撮影が始まった時、ついに実現できることを祝すメモをこの映画に携わる全員に送ってくれたんだ」と、シンは語る。

【変革】アニメを実写に

 血なまぐさい暴力性と艶めかしいエロティシズムという二つの過激性が混ざり合うため、梅津泰臣のオリジナルアニメ「A KITE」は多くの国々で上映禁止となり、または厳しい検閲を受けた後に公開された。そして物議を醸すこのアニメは、熱狂的ファンたちから“カルトクラシック”としての地位を得た。
 製作チームは実写化に際し、クリエイティブな決定を下す。「脚本は、大まかにアニメを基本としている。3人の主人公(サワ、オブリ、アカイ)もアニメから直接引っ張ってきた。だからオリジナルで最も重要な三角関係と緊張感は映画にも存在している」と、脚本も担当したコックスは語る。「アニメを実写で再現しようとしたシーンもある。もちろん人間はアニメのキャラクターと同じ動きはできない。でも、アニメのキャラクターの心理的抑制がとても深く描かれているから、我々はそこをうまく取り入れようと心掛けた」。
 梅津泰臣のオリジナルアニメは30分のエピソードが2話しかないため、製作陣は映画にふさわしい長さの物語に拡張する必要があった。「アニメの舞台設定は漠然としている」とコックスは説明する。「人身売買が行われている社会で、一人の少女が殺しを請け負っている。でも、アニメでは物語の下に流れる要素が完全には明らかにされていない。だから、サワやアカイのキャラクターに、背景(バックストーリー)を作るための余地がたくさんあった」。ラルフ・ジマン監督も「突き動かされるような物語展開と、非常によく書かれたキャラクターたちが登場する脚本だった」と絶賛する。